青汁で便秘解消

青汁で便秘解消

青汁は健康補助食品http://xn--bpwzip43g96g.org/09rank.htmlとして、多くの方々に愛用されています。
その理由としては、栄養の偏りと、野菜不足を補うということが第一に挙げられますが、便秘解消に効果が高いということはご存じでしょうか?
便秘解消には、オリゴ糖、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、食物繊維、マグネシウム、ビタミンC、カフェインなとが、有効です。
青汁に含まれている成分については、メーカーにより様々ですが、食物繊維はどの商品にも多く含まれています。

食物繊維とは、人の消化酵素では消化されない難消化多糖類のことを指します。
消化されずに、そのまま体外に排出される働きがあるため、排便に必要な腸の活発な動き(腸の蠕動運動)をサポートする大変有能な成分です。

食物繊維には、水溶性、不溶性の二種類があります。
不溶性食物繊維のメリットは、繊維状で水分を吸収しやすく、便のかさを増すことが出来ることです。
また、この働きは腸を刺激するため、排便を即す効果もあります。
更に、体内の老廃物や有害物質を吸着し、体外に排出してくれる働きをします。

水溶性食物繊維のメリットは、水に溶ける性質を持つため、ドロドロとしたゲル状になり、保水性が高く、便を柔らかくする効果があることです。
また、腸内をスムーズに移動し、排便を即す働きをします。

便秘の原因には、排便に必要な栄養素の摂取不足だけでなく、ストレスや睡眠不足、過労などから、自律神経が乱れ引き起こす場合もありますが、この場合に於いても、食物繊維は有効な成分です。
その理由としては、腸の働きを高めることは、副交感神経を刺激し、脳内にセロトニン(興奮や昂ぶりを抑える作用のある神経伝達物質)の分泌を促進することにより、自律神経の乱れを整えるためにも役立つことが挙げられます。

青汁は、冒頭にもありますように、商品により含まれている成分は様々で、乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖を配合した商品もあります。
配合されていない場合でも、ヨーグルトやオリゴ糖も加えて取るようにすれば、同様な効果が得られます。
青汁は苦味があることで、知られている商品でもありますから、ビフィズス菌飲料やヨーグルト、オリゴ糖などを加え、飲みやすく(食べやすく)するのも、毎日、便秘解消の為に愛用するコツといえるでしょう。
また、食物繊維をより多く含む青汁は明日葉を主成分とした商品、ビタミンCをより多く含む青汁はケールを主成分とした商品です。
パッケージの裏に配合成分は記載されていますので、確認の上、ご自身の食生活の中で、便秘解消に足りていない成分をより多く含むものを購入されることをオススメします。

ページのトップへ戻る