青汁と化学農薬+ブルーベビー症候群

青汁と化学農薬+ブルーベビー症候群

ブルーベビー症候群とは、血液中にメトヘモグロビンが多い状態を指します。
1945年、アメリカアイオワ州の農場に住む赤ちゃんや、幼児が相次ぎ亡くなるという奇怪な事件が起きました。
病院関係者などの調査により、その原因は赤ちゃんや幼児が与えらていた野菜ジュースにありました。
野菜ジュースを生産する際に使用されていた野菜の中に龍酸化窒素という有害物質が含まれていたたのです。
龍酸化窒素が体内に入り込んだ事により、赤血球ヘモグロビンと結合して、血行障害を引き起こし、酸欠死してしまったのです。
身体を循環している血液中の酸素濃度が足りないと、チアノーゼを引き起こします。
チアノーゼをきたすと、全身が青く変色します。
亡くなった赤ちゃんや幼児がこのチアノーゼの所見を満たしていたため、ブルーベビー症候群と名づけられました。
また、日本においても、1996年にブルーベビー症候群が確認されており、その原因は井戸水で作ったミルクにありました。
井戸水の中に龍酸化窒素が含まれていたわけです。
龍酸化窒素は加熱することにより、更に濃度が上がります。
上記の事件からもわかるように、多くの野菜には有害物質である龍酸化窒素などの、農薬が含まれていることを少なくありません。
身体の発達している青年や成人であれば、免疫力があるため、ブルーベビー症候群になることはないといわれていますが、龍酸化窒素のみならず、有害物質が体内に蓄積されることは好ましいとはいえませんし、出来れば農薬を使用した栽培で生産された野菜は食べたいとは思わないのが、通常ではないでしょうか?
製品により、使用している野菜の生産地や栽培方法は様々です。
青汁を購入するは際には、どこで、どのような方法で栽培された野菜を使用しているか、安全性について、よく調べてから購入することが大切といえるでしょう。
授乳中の青汁も同様です。
しかし、生産地や栽培方法について記載のない場合もあります。
また、あまり気にしないという方もいると思います。
しかし、妊婦http://www.unicms.jp/cyesis.html、赤ちゃんや幼児に青汁を与える際に、温めて飲ますなどは危険ですので、決してしないようにして下さい。

ページのトップへ戻る